ブログトップ

すべてはボヤキからはじまる!

fuji2288.exblog.jp

ボヤキの中にはアイデアがある!提案がある!世の中すべてがそこにある!

ハタラク

d0215821_11545475.jpg

毎日関わっているものほど意識が向きにくいものですが、このなものもあるんだなと感心します。
これは「ミカンアート」と呼ばれているものです。誰もが無意識にバリバリと皮をむいて美味しかったぁ~と感謝の気持ちで終わります。皮は寂しくゴミ箱の中ですね。そこでこの発想が誕生しました。もう一度感動を味わいたい気持ちからミカンの皮が生まれ変わるのです。そう命を持つのです。

ズバリ「ものづくり」の世界はここからです。

まずは「形」。毎日関わっているものの形・・・
この形何かに似てるとか、何かに使えないかとか、その意識こそが「ものづくり」の原点ではあるまいか。

そこから次のヒントが生まれてくる、また違う人の目でぶっ飛んだ意見をもらう。この連鎖が最終的な完成形に結びつきます。
簡単にいいましたが普通では無理です。運も味方につけなければなりません。

話は逸れますが、むかし松下幸之助さんの講演で、会場に入ったもの皆が驚いた。椅子が寸分狂わず置いてあることに。もう講演を聞くまでに感動してしまったのです。
簡単なことで紐を使って、それに沿って並べただけのことですわ。けれど他の講演などに赴いてこういうことってそうザラにはないですよ。当然講演の内容も椅子の並び方でインパクトを受けていますから全員一言漏らさず頭に心に刻んで帰られたという話です。

結局、誰でもできるのですが誰も進んでしない、ごく当たり前すぎる営みの中に、お客さんの真の要求がイッパイ隠されていると思うのです。
だから人間そこから逃げたらアカンのです。止めればそこで終わりです。終わらなければならない時もあるでしょう。しかしそこまでの苦労は発想の財産として脳に蓄積されます。お腹に脂肪が溜まるのとエライ違いです。

今、生産については中国に完敗です。
中小企業が差をつけれるのは小回りのきく発想力!
ミカンの皮からの発想をもとに、目の前の盲点に鋭くメスをいれれる行動力!
見えないヒントにヒントが潜む、その門をこじ開ける若い意識力!
人間、意識を欠いたら死んでいるも同然です。そういう自分もしょっちゅう死んでますが・・・(笑)
ぜひ死ぬのは夜中だけにして、昼間は全てに意識を巡らして今ある仕事に感謝しつつ励んで欲しいと考えています。

「はたらく」とは
こじつけですが「ハタ」を「ラク」→周囲を楽にする。
究極は自分のために働いても、周囲のために働いても結果は同じでしょ!
狡い私は努めて周囲を優先しながらも、本当は自分のためにやってますよ。人間ですからね。
ここで言いたいのは、働きぶりというのは人柄に反映します。皆さんには周囲を優先した方がよいと示唆しておきます。
いつも早朝から掃除してくれている会社の外回りが、今日はいつになく綺麗に思えたので、「もう掃除は終わったのか?」と尋ねたところ、これからとのことでした。
これはおそらく「周囲のため」が近隣に少しでも伝わったのかと僅かながら自負しております。

だれか一人がどんな小さなことでもいいから良いアクションを起こす。そして、ゆっくりではありますが必ず連鎖する。
この最初にアクションを起こし継続してくれている人は本当にありがたい!会社の宝です。これこそ人財ではなかろうか。
しかし忘れてはいけないのが悪いことも連鎖することです。一丸となれば必ず社会貢献へと繋がると信じて私も微力ではありますが連鎖のなかに積極的に飛び込んで行きたい、本日の清々しい朝です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by superyamanaka | 2013-05-09 11:54 | 黙ってオレの言うことを聞け!